ギターという楽器は
たいていの場合木製が多いですね。
 木製というのは湿気が高ければ
水分を多く吸い、乾燥すれば水分を出します。
 当然、湿気が多いまた、温度差がある場所などにおくと、
水分を吸ったり、出したりとするわけです。
 で、そんな時ギターはどうなるかというと
膨張したり、収縮したりすることになる
そうすると、当然狂いが生じるわけで
その狂いからネックが大きく曲がったり
ボディにヒビが入ったり、割れたりします。
 ということで、ギターを置く場所は
エアコンの風が当たる場所、
またストーブの側などは
置かないようにします。
 長期保存をする場合などは
ケースに乾燥剤などをいれて
湿気、カビなどを防ぐようにして
なるだけ、湿気、温度差が無い場所に
保管したほうがいいようです。
 チョイ弾きでギターを弾く場合も
エアコンからの風は長時間当てない
ようにします。
 また、ギターを置く場合も
ギター・スタンドなどを使い、
ネックに負担が掛からないよう
にします。
って、当たり前の話でした。

追伸:
 ギターの弦は上記の注意をして
普通のゲージ(0.009~レベル)であれば
そのままチューニングしている状態で
おいても問題ないかと思います。
 逆に緩めると、逆ぞりするかも。
( ^ω^)ナンチャァ

コメントのRSSを取得

コメントする

コメントを投稿するには、 ログイン する必要があります。

    カテゴリー
    ブログランキングできれば1クリック
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    にほんブログ村
    2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    ギター関連
    グループ
    メタ情報
    アーカイブ


公開予定記事
  • 2021/10/24:
    ギター曲 No7415-No7417
  • 2021/10/23:
    ギター曲 No7412-No7414