小型自動二輪免許 一発試験へ行ってきましたが。
合格のための手順を取り合へずまとめてみよう
乗車―>発進
1.周囲の確認
2.乗車
3.両方のミラー調整
4.エンジン始動
5.方向指示器
6.左後方、右後方、目視確認、周囲の確認
7.発進
8.さらにもう一度後方確認
右折左折
30m手前から右左折指示点灯
左折時 左後方確認 膨らまないように左折
右折時
ミラー 合図 右後方確認 中央に寄せる
右方向確認 中央のすぐ内側を徐行
*交差点 停止せずに進行時
1.直進 右・左 確認
2.左折 右・左 左後方確認
3.右折 右・左 右後方確認
*交差点 停止後に進行
1.直進 右・左 右後方確認
2.左折 右・左 右後方・左後方確認
3.右折 右・左 右後方・右後方確認
*信号待ち 停止中はブレーキを掛けておく
*見通しの悪い交差点
一旦停止して 右・左を十分に確認して徐々に右左折
*障害物
右ミラー 合図 右後方確認で避ける
左ミラー 合図 左後方確認で戻る
*坂道の一旦停止
停止後、後方確認して発進
*S字・クランク入る前は 左後方目視
出るまでに左右の確認
*踏切 大きく左右及び警報器、左後ろを確認して発進
*一本橋
1.指定線で停止
2.左右後方確認
3.大型10秒 普通7秒 小型5秒 以上で通行する
4.落ちたらお終いなので落ちるくらいなら早く行く
*速度指定 大型普通40Km 小型30Km
1.指定速度まで上げる、うっかりすると方向指示器が遅くなる
*急制動
1.指定速度30Kmまで速度を上げる
2.指示ポール箇所から、前後のブレーキを掛けて停止する
3.左右後方確認して出発
*車体が道路と平行になったら合図を消し左寄りを走行
*終了
1.ポールに合わせて停止
2.左後方を確認して左足をつく
3.エンジンを切る
4.右後方を確認して降車
5.ハンドルを左に切る
6.終わりの合図をする

ということで 100点満点の引き算方式で70点で合格なので6回はミスできると
私の場合は試験場に行くのが遅くて10時から試験なのに9時30分でやっと受付完了だったので30分しかコースを覚える時間がありませんでした。
はっきり言って初めてのコースを30分で覚え一発試験を受けるのは無理です。
小型二輪なので試験順番は最後だったので他の人のコースを見ればいいのかと思っていたら、私以外は大型・普通二輪でコースが違うのでした。いやぁ参りました、
よくよく考えたらデジカメでコースの写真を撮ってたのを気付いて、そこでやっと覚えれるかと・・・
しかしうろ覚えの上初めての場所、つまり図面と実際の試験場では合致せず、結局試験ではここだと思った左折場所が違っていて結局は・・・
もっとも試験管からは「安全確認ですでに落ちていたのだけど、コースまで間違ったので止めました。」
とのこと、本音の話、コースで頭いっぱい状態でバイクを握ると重い50cc原付とは・・
ということでバイクのコントロールもできず、はっきり言ってヘロヘロ状態で臨んだのでした。
まぁ気持ちだけは「私はできるんだぁ」と心の中で叫んでいたのでしたが(笑)
1回目は無残にも惨敗でした。
己を知り、相手を知らずんばぁ・・・ だなぁ
どこかで、無免許でも125cc小型バイクの練習できる所ないかなぁとググっても、出てきません。
125ccで練習したいねん

 実は平成19年かな?に追突事故を起こしまして、
それも、相手は止まってる車にです、しかも相手も事故で警察をまってた。
まぁそれはそれでいいのですが、2名載っていて(そのとき彼らは座席を倒して横になっていた)
その1名が、最初は保険会社との示談ができなかったようでした。
途中障害がでたとのことで
裁判沙汰(保険会社がやった、たしかそのとき7000万円だったと)でどうも
わたしからみても詐欺っぽいかんじでした。そうして忘れていたのですが、
今年の9月の中ごろ、裁判所より差し押さえの通意が来たのです。
よむと、債権者は事故相手に1200万円貸してること、
そこで調べると、9月のはじめに事故の示談が2700万円で成立したようです。
内容をみると耳の障害が発生したとのことで、2700万円ほどの賠償金で
決着したようです。(しってびっくり、なんでぇ・・・という感じですが)
それで、差し押さえの内容ですが、その相手に債務があれば差し押さえる、とのこと?
保険会社に相談して、債務はあり、金額2700万円、指定日付に相手の弁護士口座に
支払う、とのことで返信しました。
 そして、支払い日の次に日に相手の差し押さえの弁護士と言うものから
TELありました。
私わからないので、保険会社にTELして下さい。TELをおしえ、電話はきります。
そのご、保険会社から、電話あって、相手は何か考えてるかもしれない、口調が違う。
私の差し押さえを考える。とか言ってたとか。
 そのご、思い出したので、TVなにかで、保険金の支払いの微妙なときに差し押さえ
通知をして詐欺をする手口がある
ので気お付けなさい。とかなんとか・・
 しかし、そのときは保険会社は事故相手の弁護士口座に支払っているので後の祭りです。
 ひょっとしたら、なにか来るかな、と思ってました。
そうすると、案の定、昨日8日夕方5時ごろ妻から電話で裁判所から封書が
来てるとのこと、読んでもらうと、事故相手と協議の上、私を第3者債務者にした。
との通知、まぁはっきり言ってあんまり分からないのですが、
その債務金額が1200万円以上なので笑ってはおれません。
 保険会社と相談したいところですが、17時で受付は終了なので、スキャンした
裁判所からの内容を保険会社に送ってもらいました。
 まぁ、あとは明日、保険会社と相談かと思ってますが、保険会社と事故相手との
示談は終わってるので、私知りません。といわれないかと本音心配です。
なんやかんやでも1200万円ですから。
ここで、疑問は
 1.青手が最初差し押さえしたのは保険金でなくて、私の債務。
 2.支払い内容は相手弁護士に伝えたのに、そのお金を抑えたのか
 3.この微妙なタイミングでの第3者差し押さえ
 4.問題ある事故相手の債務者との協議が出来て、こちらへ第3者債務者の指定した
  
1.で言えば、保険金ということを相手は知っていたのに、なんで保険金の差し押さえをしなかったのか、保険金を差し押さえすれば何にも問題なかった
2.こちらは支払い当日には相手弁護士事務所へ着くだろうと返信した。しかし相手はその次の日にこちらへTELかけてきた。
3.最初の差し押さえの書類に事故示談のことを書いてあった。であれば通常保険会社へ連絡するだろう。こちらは、現金をもらっているわけでなく、保険会社へどうしろと言える時間もなかった。またこちらが保険会社と蜜に連絡取れないように金曜日の5時に配送された。(日付、時間指定できるのか?、昨日も夕方5時に配送された)
4.事故相手とそんなに間単に協議できたのか。早すぎる
 
一番の疑問はこの事例、法的にはどうなるかということですが。
1.かれらは微妙なタイミングで差し押さえをした。
2.私に現金は入っていない。事故保険金の差し押さえでない。
  
ともろもろ考えると、保険金の支払いを狙った詐欺ではないかと
はっきり言ってメチャ怖いですねぇ、ググっても参考になる記事は無いようです。
 
なにか対応する手立ては無いのかな

パーマリンク が上手くないようです。

まえは http://www.intellect.co.jp/w/cat/189

のような形でアクセスできるようにパーマリンク で設定していたのですが

ドメイン変更で色々いじっているうちにデフォルトしかだめになったようです。

とりあえずは http://www.intellect.co.jp/w/?cat=189

の形式でリンクできるので それで可とします。

めんどくさかったのでDBをそのままに最低限の変更で

ドメインの移行を計ったのが裏目に出たというのが現状

急がば回れ と痛感します。

wordpress で予約投稿という便利な機能がある、

ということを知ったので

さっそく使ってみたのですが、

どうもうまくないようです。

というのは、ピングが発行されないようで、

更新情報が通知できないことを知りました。

まったく、困ったものです。

とういこうことを今日知りました。

予約投稿を10ほど設定していたので、

これを取り消します。

予約投稿一覧などもウィジェットに出すようにしたのに・・・

と思っていたところ、

まだまだ、面倒くさいことが発覚しました。

予約投稿したものは、予約投稿の取り消しが無いのでした・・・

トフォフォ・・・です。

一度、削除して新規投稿の必要があるようです。

この辺は全くの予想外・・・

予約投稿のping発行と、予約投稿の取り消し機能は

必須条件だと思うのですが・・・

どうして、このような機能になったんでしょう・・・

この辺はワードプレスの修正項目として是非お願いしたい所です。

とは、いうものの、ワードプレスはフリー・ソフトなので

まぁ、しょうがない・・・

公開予定記事
  • 2020/10/29:
    ギター曲 No6454
  • 2020/10/29:
    ギター曲 No6453