これもリズムはライン取りです。

ギター、ベースのライン取りも考えたのですが、

録音時のレイシティ出したっけ(遅れ)とかエフェクターの音色とか、

色々な問題があるので、今のところパス、

先日のCubasis とかだとうまく出来るかなぁ・・・

 まぁ、とにかく調査だけは・・・

こちらもコンプレッサーとディストーションと

2とおりのギター演奏録音をやっています。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:ディストーション(RAT Proco)
      :コンプレッサー(Amdek)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)Rock-A-Ballad

演奏は以下のとおりです。
コンプレッサー:

ディストーション:

今日同じバックでグレコ・レスポール、グヤトーンH&M30の組み合わせてギター録音しましたので追加します。

1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
ギターアンプ:H&M30(グヤトーン)

アンプ直結:「波間にて」

注)一発テイクの演奏ですが、著作権は当方にあります


 今回は同じ伴奏で3つの1stギター演奏の録音です。

リズムはM・O・R2です。

コードはD7→Aです。

1stギターは コンプレッサー、

ディストーション、ディストーション+ワウワウ 

の3つで演奏しました。

 やっぱり弾くときの感性はエフェクターでかなり違いますねぇ・・・

曲長は4分40秒程度です。

 今回はリズムは単独チャネルでライン入力にしました。

 ラインアウトが出ているのでマイク取りより綺麗にとれています。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:ディストーション(Proco)
      :クライベイビーCB95(ジムダンロップ)
2ndギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)M・O・R2

演奏は以下のとおりです。
コンプレッサー:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRComp.mp3

ディストーション:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRDest.mp3

ワウワウ:05MOR2-m4-D7-A-Bass-FRDestWaw.mp3

同じバックでグレコ・レスポール、グヤトーンH&M30の組み合わせてギター録音しましたので追加します。

1stギター:ハンバッキング・PU(Greco レス・ポール)
ギターアンプ:H&M30(グヤトーン)

アンプ直結:「夜のトバリが降りる頃」-05MOR2-m4-D7-A-Bass-LesPoulHM30.mp3

注)一発テイクの演奏ですが、著作権は当方にあります


 DTM関連をいろいろ調べていたら、思い出しました。

CuBasis VSTを10年ほど前に購入していました。

 そういえばギターのMIDIマイクと一緒に購入したんですけど、

ギターのNIDIマイクの取り付けが難しくて、棚上げにしたんですよね、

その時 CuBasis だけでも使用すればよかったんですが、何となくそのままになって・・・

 で、現在ギターの録音をやっていて、フリーのDTMはなんて探していたら、

CuBasis VST持っていました。

 しかし、何といっても10年も月日は立っています。

 さすがに 直Vista は無理なので、

ヴァーチャルPCにWindows98 をインストールしているので、

そのヴァーチャルPCのウインドウズ98でやってみました。

 でこれは、うまく言っているよに見えたんですが、

VIsta 自体の問題で、どうもおとが出ません。

 そこで、Windows98をインストールしている

ノートパスコンにインストールすると、うまく動くようです。

 とりあえず、現在いくつかのテスト音出しやっている所です。

 これ、USB→光→オーディオと言う接続でつないでいるんですが、

結構いい感じで音が出ますねぇ

こんな、ことなら早くやればよかったと言う感じです。

 ただ、何といっても10年まえのソフトだし、

マシンパワーも貧弱なので、実際はどんなものか・・・

ですね。

 うまく行けばこれにミディでバックを作って録音すると、いいかも・・・

ドラムとか、シンセとかも入っているようだし。

—————————————————————————————–
追伸:
 CuBasis VST 説明書を読みながら少しずつやっていますが、

マイク取りに比べると何となく難しくて、・・・

 と言う感じになっています。

 音は非常に良いし、

また日頃の自分だけで演奏する感性も違ってくるので、

これはこれでマスターしなければと思うのですが・・・
 ちまちま、とエディタで入力するのが面倒くさいと思ってしまいます。

 とくにMIDI入力についてはもうちょっと勉強する必要がありそうです。

通常接続のエフェクター
 通常接続のエフェクターです。
ギター側からコンプレッサー、ディストーション、ワウワウ、アンプ
と接続しています。
 まぁ、通常はほとんどディストーションのみの使用なので、
本来は使用しない機器ははずしておくほうが
音的には良い、と分かっているんですが、
面倒なんですねぇ・・・
 しかし、畳とエフェクター、本当にあわないですねl・・・

今回は ワウワウとディストーションを通して2ndギターを演奏しています。

こんな感じのバックもなかなか良いもんです。

 いつもは伴奏のリズムを演奏するときは椅子に座って弾くのですが、

さすがにワウワウはべダルと常時踏むので、たって演奏しました。

 リズムは PopRock1 です。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2stギター:シングルコイル・PU(フェルナンデスFRT-70)
      :ディストーション(Proco)
      :クライベイビーCB95(ジムダンロップ)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)2ndギター, Baseギター
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)Rhythm&Bluse1

曲名:「スカイ・ミュウル」


注)思いつきギター演奏ですが、著作権は当方にあります

Boss ギター・シュミレーター TM-7
Boss ギター・シュミレーター TM-7 これも中古で仕入れました。
ヘッドフォン端子もあるので、ギターアンプがなくても、また深夜
でも練習できます。
入力もギター入力はもちろんですがCDなどのライン入力、
またヴォーカルキャンセラーもついています。
 ヴォリュームはギター系でgain,vloume,Master と3つあり、
そしてライン入力とのマスターヴォリュームと全体で4個
 おとは、ヘッドフォンで聞くとまぁ、こんなもんかなぁという
感じですが、アンプから音だしすると今回の1stギターの音が
でたので、私としてはまずまず満足しているところです。

 リズム Rhythm&Bluse1 です。

曲名「ゲッタウェイ」

逃げるが勝ち?

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2stギター:シングルコイル・PU(フェルナンデスFRT-70)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)2ndギター, Baseギター
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)Rhythm&Bluse1

曲名:「ゲッタウェイ」

注)一発テイクの演奏ですが、著作権は当方にあります。


 グヤト-ンのH&M30 プリアンプ部に12AX7真空管を搭載し、

マーシャルライクなサウンドを生み出す 

というのが売りですが、この12AX7より、よく歪むというか、

マーシャル定番真空管ECC83が12AX7と交換可能とのこと、

金額も3000円程度・・・

 また、高域がちょっと出過ぎるなっ、と感じた場合、

これをいれると角がとれて、弾きやすくなります。

とのことです。

この真空管ECC83は 12AX7、7025いずれかの真空管と差し替え可能

 非常にそそられます。

Groove Tube GT-ECC83はここでみました。

もっとも、スピーカーもセレッションではないので現在のスピーカーを

他メーカーのスピーカーに交換したいとかんがえているのですが・・・

 まずは、予算を確保しないとですね、もっとも2つあわせても

15,000円程度以内には収まると思っているのですが・・・

 でもこのグヤト-ンのH&M30 

ハード・オフで10,000円強程度で仕入れたんですよね、

なんとなくそれ以上の金額をかけるのも、躊躇するというか・・・

 安物買いばかりしている人の悩みです・・・

ギターアンプ用 スピーカはこちらあたりを見て悩んでおります。

追伸:
12AX7真空管というのは欧州名ECC83 のようですね、以下のHPに記述
12AX7/ECC83 特性実測データ

————————————————————————————————-

先日、福岡のカホパーツセンターへ行ったところ、

この真空管12AX7とECC83がそれぞれありました。

 上記通販に比べ非常に安いというか1400円程度であったので、

これはチェックと、

真空管式のオーバードライブ・エフェクターなどの

作成に挑戦してみたいと思っております。

 その時にECC83にマイ・ギター アンプH&M30の真空管を

交換してみたいと思っております。


.


 リズムは Func1 の曲です。

ギター弾きまくり、同じバックで2回分です。

曲名「求めるものとは・・・」にしました。

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2stギター:シングルコイル・PU(フェルナンデスFRT-70)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)2ndギター, Baseギター
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)Func1

曲名:「求めるものとは・・・」


 リズムは SpeedMetal アップテンポの曲です。

ギター弾きまくりですが、アップテンポはアップテンポで難しいですね。

でも、アップテンポは楽しいです。

曲名「ゲームにて」

機材は
1stギター:ハンバッキング・PU(フェルナンデス橙)
エフェクター:TM-7(Bossのギターシュミレータ)
ギターアンプ:H&Mmodel30(プリ真空管):(グヤトーン)
2stギター:シングルコイル・PU(フェルナンデスFRT-70)
ベースギター:フェルナンデス
ギターアンプ:PE-200(ヤマハ)2ndギター, Baseギター
リズムマシン:YDD-6(ヤマハ)SpeedMetal

曲名:「ゲームにて」

注)思いつきギター演奏ですが、著作権は当方にあります

公開予定記事
  • 2020/10/29:
    ギター曲 No6454
  • 2020/10/29:
    ギター曲 No6453